(4)やすり硬さ

(4)やすり硬さ(file hardness)

スポンサーリンク



やすり硬さは、モース硬さと同じ原理で、で引っかき硬さの一種です。
その考え方は、やすりが滑る材料はやすりより硬い。やすりで傷がつく材料はやすりより軟らかいとの観察結果によります。鋼材の焼きのはいり具合を試すことができます。大型の工作物や屋外設置構造物など硬さ試験機にかけられない場合に、ポータブル硬さ計よりもお手軽な価格で入手でき、簡単に使用できます。
また、切削加工前の被削材の硬さをチェックしたり、熱処理後の硬さをチェックする場合にも便利です。

一般的に販売されている製品は、HRC40~65までHRC5きざみの6本セットです。
使い方は、試料は表面の錆はあらかじめ除去した状態で、やすりで試料を押してこすった場合に、滑って試料に傷がつかない場合はそのヤスリの硬さ以上あることになります。やすりが引っ掛かった感じがするまで、1つずつヤスリの硬さを上げてチェックしていきます。

ツボサン硬度チェック