油圧工学入門

油圧工学入門(Introduction of hydraulic engineering)

1.油圧の概要

 1.1 液圧と空気圧

 1.2 油圧の利用

 1.3 油圧機器の分類

2.油圧の基礎

 2.1 油圧の原理

  2.1.1 パスカルの原理

  2.1.2 シリンダと速度

 2.2 圧力と流量

  2.2.1 圧力

  2.2.2 連続の式

  2.2.3 ベルヌーイの式

  2.2.4 絞り

  2.2.5 隙間流れ   New:2019/8/16

  2.2.6 噴流により発生する力

 2.3 動力と効率

  2.3.1 液体動力

  2.3.2 ポンプとアクチュエータの効率

  2.3.3 回路の動力損失と効率

 2.4 作動油と粘性

  2.4.1 粘性と粘性係数、動粘度

  2.4.2 工業粘度

  2.4.3 作動油の粘度の影響

 2.5 流れと損失

  2.5.1 層流と乱流

  2.5.2 管内圧力損失

  2.5.3 回路の諸損失

  2.5.4 回路の圧力損失とポンプ吐出し圧力

3.作動油

 3.1 作動油の条件と種類

  3.1.1 作動油に要求される性質

  3.1.2 作動油の種類

 3.2 作動油の性質

  3.2.1 油温と粘度

  3.2.2 圧縮性の影響

  3.2.3 空気の混入とその影響

  3.2.4 水の混入とその影響

  3.2.5 作動油の選択

4.油圧機器

 4.1 油圧記号と回路図

  4.1.1 油圧記号

  4.1.2 油圧回路図

 4.2 油圧ポンプ

  4.2.1 ベーンポンプ

  4.2.2 ピストンポンプ

  4.2.3 ギアポンプ

  4.2.4 その他のポンプ

 4.3 油圧アクチュエータ

  4.3.1 油圧シリンダ

  4.3.2 油圧モータ

 4.4 油圧制御弁

  4.4.1 油圧制御弁の基礎

  4.4.2 圧力制御弁

  4.4.3 流量制御弁

  4.4.4 方向制御弁

  4.4.5 サーボ弁

 4.5 その他の要素機器

  4.5.1 配管類

  4.5.2 油圧フィルタ

  4.5.3 アキュムレータ

  4.5.4 油タンク

  4.5.5 その他

5.油圧回路

 5.1 油圧回路

  5.1.1 圧力制御回路

  5.1.2 流量制御回路

  5.1.3 方向制御回路

  5.1.4 油圧モータ回路

  5.1.5 その他の回路

  5.1.6 油圧を用いた各種装置

 5.2 油圧と電気

  5.2.1 主要な電気回路

  5.2.2 油圧回路の電気回路

6.油圧設計と保守管理

 6.1 油圧設計

  6.1.1 油圧設計上の基本事項

  6.1.2 各部の設計要領と留意すべき点

 6.2 保守管理

  6.2.1 保守管理の必要性

  6.2.2 保守管理の基本

  6.2.3 作動油の汚れ

  6.2.4 故障と対策

7.空気圧機器と空気圧回路

 7.1 空気圧で考慮すべきこと

 7.2 空気圧機器

  7.2.1 空気圧作動機器

  7.2.2 空気圧制御機器

  7.2.3 付属機器

 7.3 空気圧回路

  7.3.1 空気圧回路の構成

  7.3.2 空気圧の基本回路

 

準拠:
油圧教本 増補改訂版S5309発行 日刊工業新聞社

 

ORG: 2018/01/06