1.2 機械設計の分類

1.2 機械設計の分類

スポンサーリンク

 

機械設計は以下のように分類することができます:

1. 適応性のある設計

ほとんどの場合、デザイナーの仕事は、既存の設計を目的に適応させることにあります。 この種の設計は、特別の知識や技術を必要とせず、通常の技術教育を受けた設計者によって行えます。 設計者は、製品の既存のデザインの中で、製品の小さな変更や修正を行います。

2. 開発設計

この種の設計は、新素材や新しい製造方法の採用など、新しい考え方を既存設計の修正のために、かなりの科学的なトレーニングや設計能力を必要とします。それでも、この場合は設計者は既存の設計からスタートします。しかし、 最終的に出来上がった製品は元の製品からは、著しく異なる可能性があります。

3. 新しい設計

この種の設計は、非常に多くの研究、技術的な能力および創造的思考を必要とします。個人の高い設計能力を持った設計者だけが、新しい設計の仕事に従事することができます。 設計する際に使用される方法は以下のように分類されます:

(a) 合理的な設計 この種の設計は、力学的な数式を適用して行います。
(b) 経験的な設計 この種の設計は、実際的で過去の経験に基づいた実験式を適用して行います。
(c) 産業デザイン この種の設計は、あらゆる機械部品の製造方法に適用されます。
(d) 最適設計 それは、与えられた制約の下で目的関数を裁量にする設計です。それは望ましくない影響を最小限にとどめることにより達成されます。
(e) システム設計 この種の設計は、例えば自動車のような複雑な機械システムを設計することです。
(f) 要素設計 この種の設計は、ピストン、クランクシャフト、連接棒などのような機械システムを構成する要素 の設計を行います。
(g) コンピュータ利用設計。 この種の設計は、新しい製品の創生、設計の修正、分析および最適化のためにコンピュータ システムを利用します。

 

 

  修正:2016/5/19