13.1 はじめに:キーと軸継手

13.1 はじめに:キーと軸継手(Introduction: key and shaft coupling)

 

キーは回転体(歯車,プーリ,)や軸継手を軸に固定して、軸とそれらの機械要素との間でトルクの伝達を可能にするための機械要素です。軸及び固定される要素のボスに設けられたキー溝(key way)にキーを挿入して両者を固定します。キーは軸芯に平行に挿入されます。

キーは脱着可能な一時的な締結要素に分類されます。キーの種類によってはボスが軸方向に可動できる種類もあります。キーはトルクを伝達するため、せん断トルクを受けます。

また、キー溝は軸及び固定される要素の双方に大きな応力集中をもたらすので、応力集中を考慮した強度設計が必要です。

 

 

 

参考文献
A Textbook of Machine Design  R.S. Khurmi et al.

 

ORG:2018/9/29