28.7 歯形(Forms of Teeth)

28.7 歯形(Forms of Teeth)

スポンサーリンク

 

歯車の歯形に要求される機構学的条件は、
「任意の瞬間に歯と歯との接触点で、歯形に立てた共通法線が常にその瞬間のピッチ点を通過する」ことです。

[図28.7.1] 歯形の機構学的条件

 

また、工作上要求される歯形条件は、
1.工作が簡単で安価であること。
2.歯形の形状の測定が簡単。
3.曲げ強さなどが大きいこと。
4.組立誤差がある程度許容できる。

これらの条件を満足する曲線はいろいろありますが、実際に実用化されているのは
1.インボリュート曲線(Involute curve);インボリュート歯車
2.サイクロイド曲線(Cycloid curve);サイクロイド歯車
3.円弧曲線;ノビコフ歯車(Novikov gear)

この他、動力伝達用に使用することはあまりありませんが、
4.トロコイド曲線(Trochoid curve);内接ギアポンプ

などが実用化されています。この中で製作が容易、組立誤差に鈍感などの理由で、産業用歯車にはインボリュート歯形の歯車の使用が圧倒的に多いです。

 

参考文献
A Text Book of Machine Design by R.S.Khurmi, J.K.Gupta

 

引用図表 [図28.7.1] 歯形の機構学的条件    Wikipedia

 

ORG: 2017/9/16