年齢の壁を越えて転職するためには

年齢の壁を越えて転職するためには(Overcoming the barrier)

 

 

転職適齢年齢は35歳までといわれています。

 

昔から言われているのが、35歳転職限界説です。昔話をして申し訳ありませんが、管理人が転職活動をしたのは33年前で、ちょうど35歳になったところでした。

そのころ有名だった転職エージェントに登録しましたが、その時もやはり「35歳を超えると案件が少なくなりますよ」と言われました。

 

実際にそこの紹介で、集団面接に行かせてもらったのですが、その会社の主力部門では27歳までしかとらないとはっきり言われました。

幸い、その会社の他の部門で声をかけてもらい、何とか、転職できたので、余計にその言葉を憶えています。

 

今の転職事情を見ると、今でも35歳が求人数の境目になっているようです。求人数は35歳を超えるとガクッと減ってしまいます。

 

でも、昔と比べるとキャリア採用で中高年の採用も増加傾向にあります。仕事の経験年数とスキルを評価してもらえる土壌ができてきているのではと思います。

 

管理人の話に戻って申し訳ないのですが、転職できたのも、学生時代に研究していたテーマが開発しようとしていたアプリケーションの原理になる現象だったことと、前職での技術的な知識を評価してもらえたと後でお聞きしました。

 

ですので、前説としては年齢なんて気にしないと言えます。ただし、今までの経験とスキルは正しく棚卸しをして、転職活動に臨むことが必要です。

 

 

1.転職市場は若い方が有利? 中高年は転職が難しい。その理由とは

 

転職市場では、年齢の若い人の求人数が多く、年齢が上がるにつれて少なくなります。特に35歳を越えた中高年向けの求人数は格段に減ってきます。

なぜ若い方が中高年よりも求人数が多くて有利なのでしょうか。それは企業側が抱えている実情によるところが大きいです。本項では、企業の採用する側に論理から、若い方の求人が多い理由を説明します。

 

(1)若い方が固定観念が無く、仕事を覚えるのが早い

致し方ないところもありますが、若い方が中高年より覚えるのが早いということがあります。

中途採用すると、若い人はすぐに仕事を覚えるのに対して、中高年の人は時間がかかる傾向にあります。また、若い人は一般的に、柔軟な考え方ができて、新しい職場にもすぐなじめます。一方、中高年は、今までの経験や実績があるだけに、固定観念に縛られる傾向があり、新しい職場になじむのに時間がかかってしまいます。

そのため、効率を重視する企業は、どうしても若い人を採用する傾向があります。

 

(2)若い方が上司と部下との年齢の逆転が無い

転職で問題となりやすいのが、上司との人間関係です。特に上司との年齢差は結構気になる問題です。

若い人が転職した場合は、ほとんどの場合職場の上司の方が年齢も上なので問題は起こりません。

しかし、中高年人が転職する場合、上司の方が年齢が下の場合が発生します。部下になるあなたの年齢の方が上司より高くなってしまうと、あなたを迎える上司にとっても借りにくく感じます。よほど年齢のことを気にしない上司、転職者でないと、職場になじむまでに時間がかかってしまいます。

ただ、技術職の場合、スキルを持っているかどうかが問題になるので、上司の方が若くてもそれほど問題にはならないでしょう。

 

(3)育成するという観点では若い方がやりやすい

企業にとって、社員の育成は重要な課題です。若い人の方が社会人としての経験が少ないので、企業方針に基づいた教育がしやすいですし、長期的な視点に立って自社のカラーを持った写真の育成が可能です。

一方、中高年の転職者の場合は、既に前職での経験が良きにつけ悪きにつけ身についており、それをいったん御破算にして育成することはどうしても難しいものがあります。どうしても前職の経験を引きずってしまう傾向があり、なかなか「郷に入れば郷に従う」、思い切りができればよいのですが、過去の経験にとらわれる中高年は多いのは事実でしょう。

 

(4)若い人の方が体力がある

もちろん職種にもよりますが、体力を重視する企業では、若い人の採用を好む傾向が強いです。

中高年には、どうしても肉体的には若い人にかなわないところがあります。従ってパワー重視の企業の求人には向いていません。でも、中高年には体力やパワーをカバーするだけの経験が有ります。経験というのは、一朝一夕では身につかない強みです。このことを強調すれば

 

 

2.年齢の壁をクリアする方法はあるの?

まず、技術系で考えれば中高年でもミドル層なら、転職に対して年齢の壁はそれほど高くないと考えます。ただ、シニア層になると、一つには経験値が現在でも通用するものかが問われるようになってしまいます。

本項では、一般的な年齢の壁をクリアする方法について考えてみたいと思います。

 

(1)体当たりで、これはと思う企業に直接アプローチする

求人していなくても、ここぞと思う企業に、添え状、履歴書、職務履歴書を、社長もしくは人事部長宛にダイレクトメールで送付する方法です。

当たり前ですが、確率は極めて低いです。それでも、興味を持ってもらえれば、今までの実績を評価してもらえて、面接までつながる可能性もあります。添え状には送付する企業に合わせた志望動機を記載するのはもちろんです。

 

(2)求人折込みやタウン誌をチェック

インディードや新聞に記載されている求人広告だけではなく、タウン誌や新聞などに入ってくる求人折込みをチェックしてみてください。ネット求人や新聞は見る人が多く、人気のある企業の場合、かなりの競争率になります。

地元中心のタウン誌や求人折込みの場合、読者の範囲が限定されること、中小企業が比較的多く掲載されています(かなり、玉石混交ですが)。企業規模が小さい分、年齢について融通性がある場合が多いです。

 

(3)ハローワークや転職エージェントへの登録

ハローワークや転職エージェントに登録して、企業を紹介してもらう方法です。より詳細な情報が得られるとともに、多くの場合適切なアドバイスをしてもらえます。

 

 

お勧めの転職エージェント

管理人は、現在まで転職エージェント大手のDODAを転職の際に利用されることをお勧めしています。

その理由は、転職サービスではありませんが、DODAを運営しているパーソルキャリアでお仕事を紹介してもらったことがあり、その時の対応が良かったからです。

個人的な感想はこの程度にして、いろいろなサイトでの評判を見ても、好ましい評価が多いように思います。

もちろん、DODAの他に、リクルートエージェントやマイナビエージェント、ビズリーチなど、評価の高い大手があり、そちらでの登録ももちろんありです。

以下は、DODAの説明です。

 

DODAは総合的な人材サービスを展開しています。求人情報の検索サービス、エージェントサービス、スカウトサービスの3部門があります。

利用者の満足度が高く、年間18,000人以上の転職実績があるそうです。紹介求人数の多さや、求人紹介の頻度でも評価が高いです。転職活動が初めての人にとっては、心強いと考えます。

特に好評なのがキャリアアドバイザーとの、コミュニケーションの機会が多く、サポートがしっかりしている印象があります。

 

DODAでは、転職希望者の経歴や実績から、適性と思われる企業を紹介してくれるキャリアアドバイザーと、企業からの採用依頼を受けて、ふさわしいと思われる転職希望者に求人を紹介する採用プロジェクト担当者の2人の担当者が徹底的にサポートしてくれます。

このように2人のプロが転職希望者への相互サポートにより、スピーディーに希望の転職先を見つけることが可能になります。これ外、応募書類に対するアドバイスや、応募後に企業の採用担当者への働きかけなども率先して行ってもらえます。

DODAは、きめ細かいフォローをしてくれる転職エージェントです。         

 

この会社、あっているかな。と思ったら、

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

 

 

 

ORG:2021/09/09

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA