技術者向けお勧め資格はこれです。分野別お勧め資格

技術者向けの資格を紹介します。

本コンテンツでは、技術者(特に若手、中堅の方)が取得していれば、仕事を進めるうえでワンラックアップした仕事を任される可能性や、転職を考えることができる資格について、管理人のバイアスがかなりかかっているかもしれませんがお伝えしたいと考えます。

技術者と言っても幅が広いですので、分野を分けてお勧めの資格を見ていきたいと考えます。

1.資格は主催する機関により3種類あります。

規格には、「国家資格」、「公的資格」、「民間資格」の3種類があります。

・国家資格とは

 国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格と定義されます。法律によって一定の社会的地位が保証されますの、社会からの信頼性は高くなります。
弁護士や弁理士、薬剤師、看護師などは、国家資格です。技術系では一級建築士や、第一種作業環境測定士、計量士などがあります。

・公的資格とは

公的資格とは、民間の団体や公益法人が試験を実施し、基準を満たせば合格できます。認定するのは文部科学省や都道府県知事などなので、国家資格に次ぐ効力を持つ資格と言えます。
文部科学省が後援している実用英語技能検定(英検)や色彩検定、総務省が後援している統計検定、都道府県知事が認定している、ふぐ調理師や介護支援専門員(ケアマネジャー)などがあります。

・民間資格とは

民間資格とは、民間の団体や企業が試験を実施し、合格すれば認定される資格です。法令で規定されたものではないため、この資格がなければ、その職業に就けないなどの効力はありませんが、知識やスキルがあるという指標になります。
 TOEICやCFP資格(ファイナンシャルプランナー)、技術系ではQC検定が民間資格になります。

 

2.資格を持っていると転職に有利?

医師や看護師などの医療従事者、弁護士や税理士などの国家資格は、資格を持っていなければその職業に就くことができないものもたくさんあります。
また、民間資格でも、持っていると仕事に有利になるものもあります。資格を取得していることは、知識やスキルがあることの証明になります。

ただし、自分の希望する業界や業種に関係ない資格では、評価されません。これから資格の取得を考える人は、自分がどのような業界でどのような仕事がしたいのか、よく見極める必要があります。

アフィリエイトのプログラム選びも、最初の見極めが必要なのは同じですよね。

3.未経験でも資格があれば転職OK?

 20代での転職は、チャンスも多く、経験やスキルはあまり重視されません。その業界での経験が不足していても、資格を持っていれば仕事に対する知識やモチベーションが高いと評価してもらえる可能性が大きいです。

 一方、40代、50代で、資格は持っているがその資格の経験がない場合、評価してもらえない場合が多いです。そういう意味でも、あまり無駄な資格は取る価値がありません(と、管理人は思います)。

4.技術系の資格ってどんなものがあるの?

技術系の資格は、非常に多くあります。ただ、企業という組織から外れたときにその資格を生かせるかと考えると、あまりないように思います。
技術士くらいかなと思います。

本稿では、いくつかの分野で技術系の資格にどんなものがあるかを書いてみたいと思います。代表的な者しかかけていません。また、調べて追記します。

・技術系
 技術士:もっとも強力な資格です。
 弁理士
 中小企業診断士

・工場勤務(製造技術系)
 衛生管理者:工場で必要なのは一種です。
 技能士:いろいろな技能の資格があります。実際に対象の技能に携わっている人が多いようです。
 公害防止管理者:大気,水質,騒音・振動,ダイオキシンなど、13種類あります。
 電気工事士:第一種と第二種の2種類があります。
 作業環境測定士:第一種を取るべきです。粉じん,有機溶剤,特化物,金属類,放射線の5種類があります。
 QC検定:1級から4級まであります。

・IT
 情報処理技術者
 MOS:マイクロソフト オフィス スペシャリスト

5.最後に

特に40代,50代の方は、取得する資格に注意してください。
今すぐ、会社で必要な資格は、絶対取る必要がありますが、定年後を見据えて独立したいと思い取得するなら、よくよく考える必要があります。

管理人自身は、失敗したと反省しています。
   

資格の例:QC検定

主に、技術者向けの資格になりますが、QC検定という資格があります。民間資格ですが、製造業ではQC検定の2級・3級を持っていると重宝されることが多いです。

QC検定を取得することを奨励している、大企業や中堅企業は数多くあります。

QC検定について、わかりやすいコンテンツがありましたので、下記にリンク先を置いておきます。ぜひご覧ください。

QC検定を受けてみよう! 俄然、転職にも強くなります

        

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA