キャリアアップのためにやるべきこと(What to do to advance your career)

キャリアアップのためにやるべきこと(What to do to advance your career)

 

本コンテンツでは、キャリアアップをするうえで考えておく必要のある事柄について述べます。

 

 

キャリアアップとは?

キャリアアップとは、専門知識を深めることにより経歴に付加価値をつけたり、より収入の高い職種や地位の向上を得るために転職したりすることを言います。

例えば、「IoTに習熟したので、上級エンジニアとして処遇してもらう。」、「転職することにより前職より大きな仕事に携われる。」、「派遣社員から正社員になれた。」、「地位が上がりマネージャーになり部下を持つようになった。」など、仕事の幅や裁量が広がるなどがあげられます。

キャリアアップする目的を明確にしたうえで、どのようなアクションを取るかを考えて、具体性を持たすことが、キャリアアップの重要なポイントになります。

 

 

キャリアアップと転職

正しくキャリアアップすることで、自らの市場価値が高まります。転職することになれば有利に働きます。転職を考えている⼈は、積極的にキャリアアップを⽬指すことが⼤切です。

ただ、転職に向けて「どのようなキャリアアップをしたいのか」は、自分で考えて実行していく必要があります。

 

 

キャリアアップ、キャリアチェンジ、スキルアップの違いは?

キャリアアップと似た言葉に、「キャリアチェンジ」と「スキルアップ」とがあります。

キャリアチェンジとは、今現在皆さんが就業している職種とは違う職種で働くことを意味します。このタームは転職市場でよく使われます。例えば、「技術職の人が営業職に就く」、「研究職から企画職に変わる」といったことが、キャリアチェンジになります。

また、スキルアップとは、仕事に追いtr能力を向上させることを意味します。例えば、仕事に関連する資格を取得したり、営業トークを磨いたりすることが、スキルアップになります。

皆さんが、「キャリアアップをしたい」と明確な意思を持っておられるなら、自分は何をしたいのかをはっきりとしておかなければなりません。キャリアアップは必ずしも転職を意味しないことを、よく理解しておかなくてはなりません。

キャリアアップしようと思っているのに、単なるキャリアチェンジになってしまっていないか、スキルアップしたのに自分の思い描いていたのと違うよ、などになっていないか、自分自身で確かめることが重要です。

 

 

キャリアアップの実現は、社内で?それとも転職で?

キャリアアップには、「社内で昇進する」と「転職してキャリアを形成する」の2つの選択肢があります。どちらの場合もそれぞれメリットがあります。

社内でキャリアアップを目指すメリットは、キャリアの基礎が既にできていることです。また、会社の仕事の全体像が分かっているので、「これから自分はどうしたらキャリアアップにつながるか」が理解しやすいことです。

一方、キャリアアップを転職することで目指すメリットは、キャリアアップする環境を自分で選べることです。ただし、転職先の企業が外資系か国内企業かによって、キャリアの考え方が違うので、事前に把握しておくことが重要です。

皆さんが、今後どのように活躍していきたいかをイメージしてください。その上で、社内にとどまってキャリアアップを図るのか、転職してキャリアアップを⽬指すのかを、自分の目標を早い段階で明確にしておくことをお勧めします。

 

キャリアプランを立てよう

キャリアアップを考えたら、まずは皆さんのキャリアプランを具体的なイメージにする必要があります。キャリアプランとは、皆さんがこれからどのようなキャリアを築いていきたいか、目標や計画のことです。

キャリアプランを具ライ的にイメージ出来たら、積極的に将来につながる準備をしましょう。目標達成のためにキャリアアップが必要ならそのための行動を起こしましょう。

例えば、「3年後に年収1000万円を達成するためには、営業職に転職したい」なら、その目標を達成するためにキャリアプランに合わせて方法を考えましょう。

 

 

この会社、あっているかな。と思ったら、

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA