10.9 溶接継手の分類(Classification of welded joints)

10.9 溶接継手の分類(Classification of welded joints)

溶接継手の分類を示します。

溶接継手をいろいろな要因で分類したものを表10.9.1に示します。

表10.9.1_溶接継手の種類

frm 現代溶接工学

まず、接合形式による分類を示します。突合せ継手(butt joint)、かど継手(corner joint)、T継手(tee joint)、重ね継手(lap joint)、へり継手(edge joint)に分類されます。

次に、溶着部の形状的な分類を示すと、突合せ溶接(butt weld または groove weld)、すみ肉溶接(fillet weld)、せん溶接(plug weld)、スロット溶接(slot weld) などに分類されます。

ここで、すみ肉溶接は、かど継手や、T継手、重ね継手に適用されます。また、せん溶接、スロット溶接は重ね継手に適用されます。