管摩擦係数(Moody 線図)

管摩擦係数の見方

スポンサーリンク

 

表面粗さの異なる円管の管摩擦係数を近似的に求める式は、
コールブルック(Colebrook)によって下記のように定式化されました。

Colebrook s fomula ・・・ (1)

これを、グラフ化したものがムーディ線図(Moody diagram)です。
管の粗さ/直径とレイノルズ数とがわかれば、管摩擦係数λの値が
求められます。

ムーディ線図

図:ムーディ線図(管摩擦係数)

 

■ムーディ線図の使い方

ここでは、ムーディ線図を使って円管の管摩擦係数を求めて見ましょう。
手順を示しますと
(1)管路内の流れのレイノルズ数(Re)を計算します。
レイノルズ数は下記の式で与えられます。

Re=(ud)/ν   ・・・(2)
ここで。u;管内の平均流速(m/sec)
d;円管の内径  (m)
ν;動粘度係数  (m2/sec)
(2)管路の相対粗さ(ε/d)を求めます。
新しい管の場合は、ムーディ線図と同じく、ムーディが示した各種の実用管に対する相対粗さを求めたグラフ(図B)から求めます。管を長期間使用すれば、発錆や水あかの付着によって、壁面粗さが増大して、同じ圧力勾配が維持されるとすると、流量が減少します。
コールブルックやホワイトによれば、粗さ突起の大きさは管の使用年数Tに比例して増加するとしています。
新しい管の壁面粗さをε0(mm)、T年後の壁面粗さをε(mm)とすると

ε=ε0+αT ・・・ (3)
であらわされます。この式でαは定数で、水質や管材質によって異なりますが、
おおよそ

α=0.06 ~ 2.1 (mm/year)程度になります。
可能な限り、実験的に求めるべきですが、実際上は新品の管の場合の管摩擦係数λを求め、経年変化分を考慮して、乗数を掛けて管摩擦係数を決めることが多いです。
また、1965年にドイツのリヒターが発表した、各種管に対する壁面粗さを表Cに示します。

 

出典:機械工学便覧 第6版

出典:機械工学便覧 第6版

管内面粗さリヒター

(3)ムーディ線図横軸のレイノルズ数の目盛から、(1)で計算したレイノルズ数の所で縦線を引きます。
(4)ムーディ線図の右側の縦軸の目盛で、(2)で計算した相対粗さ数値の所に印を付けます。
(4)その点に最も近い曲線にそって、仮想線を引きます。
(5)(4)項で引いた仮想線と(2)項で引いたレイノルズ数の縦線との交点から、横軸に平行に左側に線を引きます。
(6)(5)項で引かれた線が左側の縦軸に交わる点が、管摩擦係数になります。
[例題]
実際にムーディ線図を使って、管摩擦係数を求めてみましょう。
1.条件
使用流体:清水
流体温度:25℃
流体速度:u=2m/sec
円管内径:d=30cm (=0.3m)
流体の圧力:0.5MPa
円管の粗さ:ε=0.3mm(鋳鉄管)
動粘性係数を求めると、温度25℃の清水が圧力0.5MPaの時は、おおよそ0.857mm2/sec(ν=0.857×10-6 m2/sec)となります。データ編の”水の物性”を参照してください。

2.Re数を求めます。
Re=ud/ν=2(m/sec)x0.3(m)/0.857×10-6(m2/sec)
=7×105

3.管路の相対粗さを求めます。
ε/d=0.3(mm)/300(mm)=0.001

4.Re数の値と、ε/dの値より、ムーディ線図を読むと、λ=0.02 が読み取れます。

 

 

リンク先:実際の管路の圧力損失の計算例について、

応用編:油圧工学入門/2.5.3 回路の諸損失

を、ご参照ください。

 

修正:2019/6/28
本コンテンツをご覧いただいた方からの御指摘で、ムーディ線図でRe数の線の位置が間違っているのが判明致しました。修正致しました。

管摩擦係数λ= 0.024 → 0.02

御指摘頂いた、***様には本当に感謝致します。ありがとうございました。