元素周期表

元素周期表(the periodic table of the elements)

 

元素は、宇宙のすべてのものに対して、性質を与える最小要素として、現在までののところ118元素が確認されています。もちろん元素も電子や陽子、中性子、さらにはこれらの粒子も、さらにいくつかの構成要素からなっていますが、実用上は元素の組合せによって、あらゆるものができているといえます。

地球上で自然界で発見された89元素と、人工合成により発見された29元素の合計118個の元素が確認されています。2017年には113番目の元素として日本人が発見者として認定され、命名権を獲得しました。

材料、特に金属材料では、その性質を考える上で、成分元素の種類や量の情報はとても重要です。化合物としての性能はもちろん、元素単体の性質も考慮して置く必要があります。

ここでは、生産財特に機械関係の生産財にとって重要な元素からピックアップして、少しだけですが詳しい情報をまとめていきたいと考えます。

 

 

水素:
全ての元素の中で最も軽い元素。2つの元素が結合して、水素分子H2になります。水素分子は、常温、常圧では、無色、無味、無臭の気体です。
金属学的には、水素ぜい性の問題が重要です。

 

ヘリウム:

 

 

リチウム:

 

 

ベリリウム:

 

 

ホウ素:

 

 

炭素:

 

 

窒素:

 

 

酸素:

 

 

フッ素:

 

 

ネオン:

 

 

ナトリウム:

 

 

マグネシウム:

 

 

アルミニウム:

 

 

ケイ素:

 

 

リン:

 

 

硫黄:

 

 

塩素:

 

 

アルゴン:

 

 

カリウム:

 

 

カルシウム:

 

 

スカンジウム:

 

 

チタン:

 

 

バナジウム:

 

 

クロム:

 

 

鉄:
主な用途は、
・鉄鋼材料:特に産業革命以降は、産業に欠かせない元素です。
・合金材料:
 ・磁性材料:
・体内の必須元素:赤血球に含まれるヘモグロビン中の鉄イオンを利用して、酸素を運搬しています。
・顔料:赤色のベンガラは有名ですが、青色のプルッシャンブルーの色も鉄イオンによります。

コバルト:

 

 

ニッケル:

 

 

銅:

 

 

亜鉛:

 

 

ガリウム:

 

 

ゲルマニウム:

 

 

ヒ素:

 

 

セレン:

 

 

臭素:

 

 

クリプトン:

 

 

ルビジウム:

 

 

ストロンチウム:

 

 

イットリウム:

 

 

ジルコニウム:
銀白色の外観。チタン族元素、遷移金属。
密度 6.52gr/cm3、融点 1852℃
常温で酸、アルカリに対して安定。耐食性有り。
空気中で酸化被膜を形成して耐食性があります。高温では、酸素、窒素、水素、ハロゲンなどと反応して、多様な化合物を形成します。

ニオブ:

 

 

モリブデン:

 

 

テクネチウム:

 

 

ルテニウム:

 

 

ロジウム:

 

 

パラジウム:

 

 

銀:

 

 

カドミウム:

 

 

インジウム:

 

 

錫:

 

 

アンチモン:

 

 

テルル:

 

 

ヨウ素:

 

 

キセノン:

 

 

セシウム:

 

 

バリウム:

 

 

ランタン:

 

 

セリウム:

 

 

プラセオジム:

 

 

ネオジム:

 

 

プロメチウム:

 

 

サマリウム:

 

 

ユウロピウム:

 

 

ガドリニウム:

 

 

テルビウム:

 

 

ジスプロシウム:

 

 

ホルミウム:

 

 

エルビウム:

 

 

ツリウム:

 

 

イッテルビウム:

 

 

ルテチウム:

 

 

ハフニウム:

 

 

タンタル:

 

 

タングステン:

 

 

レニウム:

 

 

オスミウム:

 

 

イリジウム:

 

 

白金:

 

 

金:

 

 

水銀:

 

 

タリウム:

 

 

鉛:

 

 

ビスマス:

 

 

ポロニウム:

 

 

アスタチン:

 

 

ラドン:

 

 

フランシウム:

 

 

ラジウム:

 

 

アクチニウム:

 

 

トリウム:

 

 

プロトアクチニウム:

 

 

ウラン:

 

 

ネプッニウム:

 

 

プルトニウム:

 

 

アメリシウム:

 

 

キュリウム:

 

 

バークリウム:

 

 

カルホニウム:

 

 

アインスタイニウム:

 

 

フェルミウム:

 

 

メンデレビウム:

 

 

ノーベリウム:

 

 

ローレンシウム:

 

 

ラザホージウム:

 

 

ドブニウム:

 

 

シーボーギウム:

 

 

ボーリウム:

 

 

ハッシウム:

 

 

マイトネリウム:

 

 

ダームスタチウム:

 

 

レントゲニウム:

 

 

コペルニシウム:

 

 

ニホニウム:

 

 

フレロビウム:

 

 

モスコビウム:

 

 

リバモリウム:

 

 

テネシン:

 

 

オガネソン:

 

 

 

 

 

参考文献
アイメディア社HPねとらぼ:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/02/news012.html  他

引用図表
⾼知県⽴⼤学 化学研究室製 元素周期表を元に追加

 

ORG:2018/3/1