バリ発生防止のための設計の考え方

機械製品では、加工時にバリが発生しますが、バリ取りの効率化に対する検討では、
(1)バリを除去する方法
(2)バリ取りが容易に行える設計もしくはバリの出ない設計
の2つのアプローチが必要です。
後者のための検討事項は以下のようなものがあります。
①設計時点でバリの発生が最少で済む方法の検討
②製品機能を損なわない方向にバリが出るようにする方法
③バリ発生が最少ですむ作業条件
④バリ取り工具類の使用が拡大できる形状の検討
⑤バリ取りの自動化が容易な形状への見直し

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA